“待つことの美しさ”を遺した、アーサー・ギネス