Pocket
LINEで送る



oasis
(左から)ノエル・ギャラガー、アンディ・ベル、リアム・ギャラガー、クリス・シャーロック、ゲム・アーチャー

Oasis

Oasisはマンチェスター出身のバンド。活動期間は1991年から2009年までの18年間。
ギャラガー兄弟の喧嘩をはじめトラブルの多いバンドでしたが、Blurと共にブリット・ポップを牽引し、後進バンドに大きな影響を与えた国民的バンドとして君臨し続けました。
アイルランド系の労働者階級出身であるギャラガー兄弟は同じ境遇のThe Beatlesを大変敬愛しており、「現代のThe Beatles」と称されることからもわかるように楽曲にもその影響を強く受けています。
(ノエルはポールを、リアムはジョンをそれぞれ強く敬愛しています)

1991年にOasisの前身バンドであったThe Rainにリアムが加わり、そのライブを観にきたノエルが“バンドのすべてのリーダーシップを自分に委ねること”を条件にバンドに加入したことがOasisのはじまりとなりました。

1994年に1stアルバム「Definitely Maybe」を発売し、本国イギリスで初登場1位を獲得。
これは2006年にArctic Monkeysに破られるまで、デビュー・アルバムの最速売上記録でした。
1995年にグラストンベリー・フェスティバルにヘッドライナーとして出演して、同年10月、2ndアルバム「Morning Glory」を発売しました。このアルバムが1000万枚以上を記録しThe Beatlesが持っていた記録を30年ぶりに更新しました。

影響を受けていると公言しているバンドにArctic Monkeys、Kasabian、The Viewなどがあげられます。
特にKasabianはOasis(のギャラガー兄弟)を“崇拝”しており、そのためOasisもKasabianを可愛がり、ライブで共演したこともあります。

ノエル脱退、そしてOasis解散…

これまでにも何度かギャラガー兄弟は喧嘩してきたのですが、今回のように解散するようなことはありませんでした。

2009年8月にノエルが脱退宣言をしました。
Oasisのソングライターであったノエルの脱退は事実上のOasis解散でしたが、当時はまだ解散ということにはなりませんでした。
しかし翌年2010年1月にリアムが「Oasisとは別のバンドでの活動を開始する」と宣言をしたことから、これがOasisの解散宣言となり、18年間の活動に幕を下ろしました。

その後、リアムはノエル以外のメンバーとBeady Eyeというバンドを作り活動しており、ノエルはソロ・プロジェクトを進めています。

ですが、やはりOasisファンとしては仲直りしてもらって、再びOasisとして活動してもらいたいものですね。

DVDの企画で、ギャラガー兄弟が好きな/嫌いなもの10個ずつあげていくというものがありました。
非常に彼らのキャラクターが出ていて面白いので、ぜひご覧ください。

10 Things Noel Loves/Hates

10 Things Liam Loves/Hates

最後にOasisの代表曲をいくつかご紹介します。

Don’t Look Back In Anger

Don’t Look Back In AngerはauのCMでも使われて、洋楽に興味のない人がOasisを知るきっかけになった曲でもあります。
「イギリスの国家にすべき」という冗談も出てくるくらい、国民的アンセムとして人気があります。

So Sally can wait
She knows its too late
As we’re walking on by

Her soul slides away
But don’t look back in anger
I heard you say

Whatever

WhateverはビールのCMで使われていましたね。

I’m free to be whatever I
Whatever I choose
And I’ll sing the blues if I want

I’m free to say whatever I
Whatever I like
If it’s wrong or right it’s alright

Don’t Go Away

Don’t Go Awayは上の2曲と比べると知名度は低いですが、歌詞を読みながら聴くとその曲の素晴らしさがわかると思います。

So don’t away
Say what you say
Say that you’ll stay forever and a day in the time of my life.
Cuz I need more time
Yes I need more time just to make things right.


Pocket
LINEで送る