Pocket
LINEで送る



Fernando-Torres-Chelsea-Blackpool-Liga-Inggris-08Mar11_filtered
噂の段階ではありますが、スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが古巣リヴァプールに復帰するのではないかとの話が出ています。

来年30歳をむかえるトーレスは2011年に突然チェルシーに移籍しましたが、ロンドンのクラブでは実力を発揮できず46試合に出場し、7得点とくすぶっています。
移籍後初得点するまでに903分を要し、クラブのワーストレコードを更新してしまったトーレスは、その後もなかなか得点をあげることができていません。
「タイトルを獲れるチームへ行きたい」とし、移籍期間最終日にトランスファーリクエストを提出してまでしてアンフィールドを去ったトーレスですが、現在ではチェルシーでも出場機会にも恵まれていません。

8月26日に行われたプレミアリーグ第2節マンチェスター・ユナイテッド(H) vs チェルシー(A)でも、今期からチェルシーに復帰したジョゼ・モウリーニョはスターティングメンバーに純粋なスタメンを置かず、攻撃的MF4人が流動的に攻撃するといった戦術をとりました。
これは去就が噂されていたルーニーに対する、「チェルシーに来い」というアピールだったのではないかとも見られています。

ただ、チェルシーがトーレスを放出するか、リヴァプールが不調のトーレスを獲得するかは定かではありません。
移籍金も£2000万前後と見られており、その高額な移籍金もネックになるとされています。

また、移籍が実現できたとしても背番号の問題もあります。
トーレスはクラブチームでも代表でも9番をつけていますが、現在リヴァプールでは今期からチームに加わったイアゴ・アスパスが9番をつけています。

移籍期間終了が明日に迫っていますが、トーレス移籍は難航しそうですね。

トーレス プレー集


Pocket
LINEで送る