Pocket
LINEで送る



gareth-bale
以前からレアル・マドリードへの移籍が噂されていた、トッテナム・ホットスパーで6年間を過ごしたギャレス・ベイルの移籍が決定しました。

現在24歳のウェールズ代表MFは昨シーズン、国内でプレーする選手を対象とする「年間最優秀選手賞」、「年間ベストイレブン」、「年間最優秀若手選手賞」の3冠を獲得しており、24歳という年齢から高額な移籍金が予想されていました。

スパーズを率いるアンドレ・ビラス・ボアス監督は、大きな戦力ダウンを懸念してベイルの残留を望んでいましたが、好調な戦力の補強の結果ベイルの移籍を認める形になりました。

移籍先のレアル・マドリードには世界的スターであり左ウィングでのプレーを得意とするクリスティアーノ・ロナウドが在籍しているため、ベイルは右ウィングとして起用されるものと見られています。
クリスティアーノ・ロナウドとベイルという両翼は世界屈指のウィンガーであり、相手チームにとってかなりの脅威になるのではないでしょうか。

ベイルは本日、レアル・マドリードのホーム「ベルナベウ」にて8万人のサポーターにレアル・マドリードの一員として“お披露目”される予定です。

移籍金は史上最高額の£8530万(日本円で約130億円)、背番号は11になると見られています。
契約期間は6年で、ベイルは全盛期をマドリードで過ごすことになります。

ベイル プレー集


Pocket
LINEで送る